引越し コンテナ

コンテナ、フェリー、飛行機、チャーター便…。選択肢をいろいろ比較してから!

長距離の引越しで、コンテナや貨物を使って運ぶと安くなるのでは、そう考えている方のために記事をまとめてみました。

 

JRのコンテナや貨物列車を使って、家財一式を輸送したい場合、JRに直接依頼するよりも、一般の引越し業者に依頼したほうが、もっと安い可能性があります。

 

JRコンテナの写真

 

例えば、アリさんマークの引越社の場合、貨物列車の区間はJRコンテナで運びますが、それ以外の部分(自宅→貨物駅、貨物駅→新居)を、アリさんのトラックで運ぶパターンと、JRコンテナを取り扱える運送業者が運ぶという、2つのパターンがあります。費用的には、後者のほうが安くなっているようですが、荷物の取り扱いは、前者のほうが丁寧です。

 

どちらのパターンにせよ、コンテナ便が、一番安いとは限りませんので注意が必要です。引っ越す地域、貨物駅までの距離、荷物の量、時期や曜日、到着希望日の有無などによっても、どの輸送方法がベストか変わってきますので、長距離で引越しする方は、必ず複数社の引越し業者に見積もりをとってください。

 

はっきり言って、業者によって最初の言い値に、10万円以上の差が開くのは当たり前です。運送業界を知らない私たちは、1社しか見積もりを取っていないと、恐ろしく高く支払ってしまうこともあります。そこで利用したいのが引越しの一括見積もり

 

このサービスは、複数の業者にまとめて見積もりを依頼し、各社の料金を比較できるというもの。見積もりは、アリさん、サカイ、アート引越センター、佐川急便引越しサービスといった業界大手から、地域密着の中小業者まで様々な業者のものを知ることができます。各社の料金を比較して、最も条件の良い業者に依頼をすればいいわけですから、これなら確実に失敗がありませんよね。

 

引越し作業中の女性

 

コンテナやフェリー、飛行機を利用する場合もあれば、チャーター便のみで輸送するなど、業者によって輸送方法も違いますので、料金の安さだけでなく、輸送方法や作業スタッフの所属、サービスの違いにも注目して、選ぶようにするのがポイントです。

 

 

→ 引越しの一括見積もりはこちら。テレビCMでもお馴染みのサービスです!

 

 

なお、こちらのサービスは完全無料で利用できます。もしも、気に入った業者が見つからなければ、どこにも申し込まなくて問題ありませんので、長距離の引越し料金を知りたいだけでもOKです。各社の対応も早いので、ともかく相場を把握してから、じっくり検討しましょう!

 

 

東京から北海道、大阪から博多など、長距離の引越しに便利なのがコンテナ。ただ、利用する際に注意したいのは、荷物の取り扱いについて。引越し業者が貨物駅で荷物の積み下ろしをしない場合、引越し荷物を乱暴に取り扱われてしまうリスクが思いのほか高いそうです。荷物の破損や紛失も時々あるそうなので、こうしたプランを利用する場合は、保険の有無は最低限確認しておきましょう。

 

JR貨物の引越しサービスとは

JR貨物を使ったコンテナでの引越しサービスの特徴と、サイズや種類についてまとめています。

 

全国に張り巡らされたネットワークを利用する事で、大切な荷物を安全に、かつ確実に運ぶ事が出来るJR貨物は、それぞれのエリア毎にきめ細かなサービスを提供しています。

 

JR貨物では、納入日までには時間が在るけれども、予め荷物を送っておきたいと言った場合に便利な一時留置サービスがあります。

 

一時留置サービスは、納入先等の都合で配達を延期したいと言う場合などに利用することが出来るサービスで、発着駅で荷物を留置させることが出来る引越しサービスの一つでもあります。

 

希望日に合わせて配達を調整出来るなどのメリットがあり、引っ越しの荷物などの場合も、新居に荷物を運び込めるまでに時間が必要と言った場合にも利用可能です。

 

なお、JR貨物では引越しサービスをコンテナ輸送で行う事が出来ます。ちなみにコンテナ輸送と言うのは、箱型の大きなボックスを特殊な車両に積み込んで路線を利用して輸送を行う方法で、JRには幾つかの大きさが用意されており、引越し時の荷物の量に合わせてサイズを選べるのが特徴です。

 

また、コンテナの大きさが変わる事で料金も変わりますが、JRの貨物を利用した引越しの場合は、集貨場所から貨物駅まで、到着駅から新居までの距離で計算が行われると言った特徴があります。さらに、貨物駅から到着駅までの鉄道輸送料金を加算した金額がコンテナ輸送における料金という事になります。

 

なお、JRには12フィートコンテナ、20フィートコンテナ、31フィートコンテナなどのサイズが用意されており、引っ越しの荷物の量に応じて無駄なくサイズを選べるのが特徴です。

 

31フィートコンテナは大型トラックと同等の積載が可能な大きさで、トラックと同じようなウィングが設置されているため、荷物の出し入れなども用意に行う事が出来ます。
また、トレーラーに積み込む事で引越の荷物の出し入れも用意に行えるなどのメリットもありますし、貨物固定のラッシングレール、埋め込み式のフック、貨物保護や結露を防止する事が出来る内張りベニヤ、ウィングの開閉はワンマンで操作可能なフルリモコン装備と言った多彩な装備を持ちます。

 

12フィートコンテナは最も小さなサイズになりますが、フォークリフトを使ってのパレット荷役を効率よく行える事、貨物の固定のためのラッシングフックなどが装備されており、一人暮らしやカップルの引っ越しなどに最適な大きさです。

 

20フィートコンテナは、現在は一部の区間のみで利用されているものですが、高耐候性圧延鋼板が主要部材になっており、強度向上が行われているのが特徴です。

 

 

トランクルームでのコンテナ保管とは

トランクルーム。最近よく耳にするようになったような気がします。一昔前は貸し倉庫?コンテナを借りて家で収納しきれない荷物を保管するって感じでしょうか。一軒家で育った私は場所を借りてまで物を所有するということ自体が信じられなかったものですが、独り暮らしを始めて以降、住まいにとって収納スペースの広さがいかに重要なことか身にしみています。

 

多分、私のように痛感している人が多いのでしょう、トランクルームの需要はかなりあると思いますね。例えばお母さんのたくさんの着物を大きな和ダンスごと受け継いだ場合。いったいどこに保管すればいいのか途方に暮れると思います。おそらくこの類の事例はあちこちで多発しているのでは?と想像するのですが、でも気温や湿度がしっかり管理された収納場所を住まいとは別に確保できれば安心ですよね。

 

自宅の庭にある物置レベルの貸し倉庫であったら、そんな所に大事な荷物を預けるのは躊躇するでしょう。現に庭の物置に保管するものは、アウトドア用品やスキー板など多少のことがあっても腐ったり状態が変化しないものに限られますからね。でも、最近のトランクルームは保管環境がしっかり管理されているところが多く、デリケートなものでも長期の保管OKになったようです。書籍なども安心して預けられそうです。

 

書籍と言えば、よく有名作家さんのお宅拝見番組なんかで蔵書の多さを紹介されたりしてますよね。本好きにとっては処分するなんてことは全く考えないことらしいのですが、トランクルームの存在が、そういう方々にとっては心強いのではないかな?なんて余計なお世話なことを考えたりしてます。

 

ちなみにこのトランクルームは、屋内型のものと、屋外に設置されたコンテナタイプにわかれるそう。屋外型は、海上輸送用コンテナなど丈夫なものが一般的です。

 

 

暮らしのちょっぴり困ったリンク集
  • 建て替え 引越し http://tatekae-hokan.com/

    建て替えやリフォームでの荷物の一時保管、預かりが必要な際には、クロネコヤマトや日通のトランクルームサービスを利用すると便利です。

  • ベビーベッド 送料 http://www.xn--9ckm2axb3s3506am56c.com/

    里帰り出産でベビーベッドを実家に送りたいや、不要になったベビーベッドを友人にあげたい。そんな場合には、宅急便の送料より引っ越し業者がオトクな場合も。

ホーム RSS購読 サイトマップ